2020年12月8日にWordPress 5.6のリリースが予定されています。

WordPress 5.6のリリーススケジュール

WordPress 5.6のリリーススケジュールの現時点での詳細は下記です。

  • 2020年8月19日:WordPress 5.6のキックオフミーティング
  • 2020年10月20日:WordPress 5.6 Beta 1をリリース
  • 2020年11月3日:WordPress 5.6 Beta 2をリリース
  • 2020年11月10日:WordPress 5.6 Beta 3をリリース
  • 2020年11月17日:WordPress 5.6 RC 1をリリース
  • 2020年12月1日:WordPress 5.6 RC 2をリリース
  • 2020年12月7日:WordPress 5.6のリリースに向けたドライランと24時間のコードフリーズ
  • 2020年12月8日:WordPress 5.6のリリース🎉

ということで年内にWordPress 5.6がリリースされます。

WordPress 5.6のリリースは女性陣コントリビューターが主導

All-women Release Squadという記事で@chanthabouneさんが提案していますが、女性陣のコントリビューターが中心となってWordPressのメジャーバージョンをリリースする計画とのことです。

この方針のツイートもされていますね。

ちなみにWordPress 5.6のリリースに向けて参加する女性のコントリビューターは75名だそうです。これを機会にオープンソースソフトウェアに興味を持つ人が増えればいいですね。

WordPress 5.6での変更点

WordPress 5.6 Release Planningでは下記のアップデートが言及されています。

ウィジェットの編集がブロックエディタになる

WordPress 5.6では、ウィジェット編集UIにブロックエディタ(Gutenberg)を組み込み、ページと投稿を編集する方法と統一し、WordPressサイトの様々な領域で一貫した編集エクスペリエンスが提供されるようになります。

ウィジェット編集UIって昔からずっと同じイメージしか無かったのでこれは大きな変化と言えるのでは無いでしょうか。最初は戸惑うかも知れませんが…。

PHP 5.6系のサポートが終了

WordPress 5.5でのPHPの必要最低バージョンはPHP 5.6ですが、WordPress 5.6でPHP 5.6系のサポートが終了し、PHP 7系以降が必要最低バージョンになるみたいです。PHP 5.6を使っているサーバーって世の中にまだ沢山ありそうなので結構影響が出るのではないかな?と思っていますが、セキュリティ上、仕方が無いとも思います。

jQuery、jQuery Migrate、jQuery UIが最新版になる

WordPress 5.6ではjQueryの各コンポーネントが最新版にアップデートされます。これはWordPress 5.5の時点で計画されていたことです。この段階的な移行をテストするプラグインもあります。WordPressコアのjQueryのアップデートに関してはWordPress Coreのブログ記事に詳しく載っています。

他にもPHP 8のサポートやブロックエディタでのフルサイト編集のパブリックベータ版のリリースなどが含まれているようです。

参考

WordPress 5.6 Release Planning
WordPress 5.6 Development Cycle
All-women Release Squad
Widget-block Screen in wp-admin #13204

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。