FacebookとInstagramのoEmbedエンドポイントが2020年10月24日に非推奨になるそうです。これらのAPIはGutenbergやクラシックエディターでも使われています。

ユーザー写真およびFB/IG oEmbedエンドポイント用のトークンレスアクセスの変更:開発者は、2020年10月24日までに、UID、FB oEmbed、およびIG oEmbedを介してグラフAPIでユーザープロフィール写真をクエリする際に、ユーザートークン、アプリトークン、またはクライアントトークンを利用する必要があります。UIDまたはASIDを介してプロフィール写真をクエリする際は、クライアントトークンもサポートされますが、ユーザートークンまたはアプリトークンを提供する必要があります。

グラフAPI v8.0とマーケティングAPI v8.0の導入

この変更に対し、WordPressではFacebookとInstagramのoEmbedエンドポイントをWordPressコアから削除します。この変更はWordPress 5.6でリリースされる可能性がありますが、10月24日以前にWordPress 5.5.xのマイナーリリースがある場合はこれに含まれるかも知れません。Gutenberg 9.0では既にFacebookとInstagramのoEmbedエンドポイントのサポートは削除されています。

このFacebookとInstagramのoEmbedを提供することを目的としたプラグインがいくつかありますが、oEmbedのサポートを継続するにはウェブサイトまたはアプリケーションの開発者アカウントをFacebookで登録し、関連するAPIキーを全てのAPIリクエストに追加する必要があります。

10月24日より前にウェブサイトなどに埋め込まれたoEmbedのレスポンスはoembed_cacheを介してデータベースにキャッシュされるため、10月24日を過ぎても表示自体は保持されます。手動で削除しない限りは消えません。10月24日より後に追加された新しいoEmbedリクエストは、トークンを使用してGraph APIリクエストが実行されない場合、URLをリンクとして返すそうです。

お気持ち

WordPressの開発コントリビューターたちも大変だなぁと他人事な僕です。ちなみにWordPress 5.5でjQuery Migrateが非推奨になった際に沢山のサイトで表示崩れなどのトラブルが発生し、WordPressの公式サポートフォーラムに書き込みが殺到した時は、jQuery Migrateの非推奨化を周知徹底できていなかったことも要因の1つにあるわけですから、WordPress公式ブログで啓蒙したりダッシュボードでの通知というのも必要かと思います。

参考