ここ数日の間、ウェブサイトやブログのフォント指定をどうするか悩んでいます。ページの読み込み速度を高速化しつつ、どのOSでも、どのブラウザでも、どの環境でもそれなりに万人にストレスを与えない見た目にしたいからです。とは言っても、僕のウェブサイトやブログなんて訪問者は少ないんですけどね(Googleアナリティクスは撤去したので実際は分かりませんが)。

とりあえずググる

僕はウェブデザイナーでもウェブエンジニアでもないのでタイポグラフィの専門的なことが分かりません。見たり考えたりするのは好きですが。なのでググるしか手がないのです(笑)

あちこち調べてみて下記の記事を読みました。

言いたいことは分かるのですが数十行読んで飽きてしまいました(笑)フォント指定にゴチャゴチャしたCSSは書きたくないし、今後数年後、またあれこれ調べてメンテナンスするのが億劫なのです。

sans-serifかserifだけ指定しているサイトは無いのか?

インターネットの世界は広いのできっとどこかにfont-familysans-serifserifだけに指定しているサイトがあるはず、と思い調べてみたらありました。ウィキペディアです。

ウィキペディアはfont-family: sans-serif;だけの指定です。下記のブログ記事を参考に挙げさせて頂きます。

内容が専門的過ぎて隅から隅までは読んでいませんが下記に感銘を受けました。

最も望ましいのはsans-serifまたはserifを指定することである。

上記は僕の考え方と同じです。また、ウィキペディアのフォント指定に対しても「ユーザーを尊重している」と言及されています。これならば(今の所は)今後何年も同じ設定のままフォント指定に気を使うことは無いでしょうし、各OS、各ブラウザ個々で上手いこと設定をしてくれそうです。ひとつ気になるのは、僕の確認環境がWindows 10のChromeとAndroid 8のChromeでmacOSなどでどう表示されるか分からない点です。まぁ、そういう意味でもsans-serif指定だけにしておくのが無難な気もします。

お気持ち

当面はfont-family: sans-serifのみにしたいと思います。ウィキペディア以外にも同じフォント指定のサイトはあるのかな?