2020年12月8日にWordPress 5.6がリリースされます。そしてこの少し前の11月26日にPHP 8がリリース予定です。WordPress 5.6ではPHP 8のサポートが新たに追加されますが現時点ではPHPの必要最低バージョンに変更は加えられない方針になっています。つまり、WordPress 5.6ではPHP 8からPHP 5.6.20までがサポートされることになります。WordPressとPHPのバージョンの互換性が確認できるページも準備されています。WordPress 5.6 RC 1がリリースされる予定の11月17日がWordPress 5.6に含まれるアップデートの変更の締切日です。

お気持ち

WordPress 4.1とWordPress 5.6が同じPHPバージョンで動くというのも何となく不思議な感じがしますがPHP 5.6系を使っているユーザーも少なくないことからこれが一番の妥協点な気がします。しかしPHP 8では下位互換が無いアップデートも含まれているため開発陣は神経を尖らせていることでしょう…。他にもブロックエディターや2021年のデフォルトテーマである「Twenty Twenty One」なども並行して開発を進めているコントリビューターの方々を応援したいです。