2021年5月、Google検索のランキングシグナルにコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が導入されます。これは約6ヶ月前に発表されていたことです。Googleはこの更新を適用する少なくとも6ヶ月前にウェブサイト管理者に情報を開示することを約束しました。

このコアウェブバイタルはページエクスペリエンスシグナルの1つです。他のシグナルとしては「モバイルフレンドリー」「セーフブラウジング」「HTTPS」「煩わしいインタースティシャルがない」があります。

コアウェブバイタルには3つの指標がある

コアウェブバイタルにはLargest Contentful Paint(LCP)、First Input Delay(FID)、Cumulative Layout Shift(CLS)の3つの指標があります。

Largest Contentful Paint(LCP)

Largest Contentful Paint(LCP)はページの読み込みパフォーマンスの指標です。LCPはビューポート内に表示される最大の画像またはテキストブロックのレンダリング時間を計測しています。

LCPスコアが低いとユーザーは即座に得たい情報を知ることができます。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためにページの読み込み開始から2.5秒以内に最大の画像またはテキストブロックのレンダリングが発生するように努める必要があります。

First Input Delay(FID)

First Input Delay(FID)はページの応答性を測定しています。FIDはユーザーが応答しないページを操作しようとした時に感じるページエクスペリエンスを定量化するためにページにかかる負荷に対する応答性を測定するための重要なユーザー中心の指標です。

FIDスコアが低いとユーザーは即座にページを操作できるようになりユーザーエクスペリエンスが向上します。第一印象も良くなります。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためにクリックやタップをしてから反応するまでの時間を100ミリ秒以内する必要があります。

Cumulative Layout Shift(CLS)

Cumulative Layout Shift(CLS)はページレイアウトの視覚的な安定性を測定しています。ユーザーが予期しないレイアウト崩れを経験する頻度を定量化するのに役立ち視覚的な安定性を測定するための重要なユーザー中心の指標です。

CLSスコアが低いとページ操作が快適になります。優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためにCLSスコアがを0.1以内にする必要があります。

LCP、FID、CLSがGoogle検索のランキングシグナルに導入される

Google検索は検索内容とページ内容の関連性やコンテンツ品質を基準にランキングを決めて来ましたが最近はユーザーエクスペリエンスも重要視しています。どんなに優れたウェブサイトでもページ表示に3分もかかったりスマートフォンでデスクトップ版のサイトが表示されたらユーザーエクスペリエンスを害してしまいます。そこで上記のコアウェブバイタルがページエクスペリエンスシグナルに組み込まれるわけです。

コアウェブバイタルは強いランキングシグナルではない?

とは言ってもコアウェブバイタルはそこまで強いランキングシグナルではありません。やはり検索キーワードとページ内容やコンテンツ品質が優先されます。コアウェブバイタルはどちらかと言うと補助的な役割が強いと思います。2021年5月のGoogle検索への導入はユーザーエクスペリエンスも指標の1つとして見ているという意思表示に近い感じがします。

コアウェブバイタル以外のランキングシグナル

冒頭にも書いていますがページエクスペリエンスシグナルにはコアウェブバイタル以外にも下記の4つがあります。

モバイルフレンドリー

ページがモバイルフレンドリーかどうかです。これはモバイルデバイスでのページエクスペリエンスの指標です。モバイルフレンドリーにするとあらゆるデバイスでのパフォーマンスが高まります。

参考:モバイルフレンドリーテスト

セーフブラウジング

ページにマルウェアなどの悪意あるコンテンツが含まれていないことを示しています。

参考:Security Issues report

HTTPS

ページがHTTPSで配信されていることを示しています。HTTPSでの接続はページ配信を安全なものにします。

参考:Secure your site with HTTPS

煩わしいインタースティシャルがない

ページのコンテンツにユーザーが容易にアクセスできることを示しています。

参考:Helping users easily access content on mobile

全てのページエクスペリエンス基準を満たすとアイコンが付く?

上記のページエクスペリエンス基準を全て満たすとGoogle検索結果ページにそれを示すアイコンが付くようです。検索ユーザーが閲覧しやすいページかどうかを識別しやすくなります。

お気持ち

スマートフォンやタブレットが普及してからモバイルデバイスからのページアクセスは年々増え続けています。コアウェブバイタルへの対応はユーザーエクスペリエンスを向上させるためには必須です。しかし簡単に取り組めるものでもありません。場合によってはウェブサイトを全面的に構築し直す必要もあると思います。しかし使う側からしてもコアウェブバイタルに対応したウェブサイトの方が閲覧していてストレスを感じないと思うので対策して損は無いと思います。

余談

全てのページエクスペリエンス基準を満たした時のアイコンが欲しいです。多分このブログでは全ての基準を満たしているはず?